風呂敷.homepage.jp│京都の染工場直営 HOME > トピックス > 風呂敷包み方

風呂敷包み方

平包み

1.風呂敷の真中に荷物を斜めに置きます。

2.手前の角を向こう側に折り、次に左右の角を内側に折ります。

3.荷物の角にできるしわは内側になるように整えます。

4.向こう側の角を手前に重ね形を整えます。

 

一つ結び包み

1.風呂敷の真中に荷物を斜めに置きます。

2.向こう側の角を手前に折ります。

3.手前側を向こう側に折ります。

4.しわを整えながら左右の角を上で合わせます。。

5.左右の角を真中で結び形を整えます。

 

二つ結び包み

1.風呂敷の真中に荷物を斜めに置きます。

2.左右の角を上で合わせます。

3.左右の角を中央で結びます。

4.しわを整えながら向こう側と手前を上で合わせます。

5.向こう側と手前を中央で結びます。

 

巻き包み

1.風呂敷の真中に荷物を斜めに置きます。

2.手前の角を荷物に巻きつけていきます。

3.左右の角を上で合わせます。

4.中央で交差させ裏返しにします。

5.中央で結びます。

 

交差包み

1.風呂敷の真中に荷物を斜めに置きます。

2.手前とその隣の角を結び輪にする。

3.残った角のひとつを輪の中に通します。

4.通した角と最後に残った角と結びます。

 

  • お見積り
  • お問合せ

風呂敷商品検索

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力