風呂敷.homepage.jp│京都の染工場直営 HOME > トピックス > 風呂敷、ふろしき、フロシキの別注とは

風呂敷、ふろしき、フロシキの別注とは

風呂敷の別注とは、特注(特別注文)との意味ですで、オリジナル風呂敷とも呼ばれます。

文字としては、風呂敷、ふろしき、フロシキという順番にかかれる頻度が多いようです。

 

風呂敷が最近では、地球温暖化防止対策や、エコ(エコロジー)として注目を浴びています。

日本の文化でもあった風呂敷ですが、めっきり使っていただくことが少なくなっていました。

 

最近では、小池さんの「もったいない」あるいは「もったいない風呂敷」という流行語?のお陰で

風呂敷が見直され始めました。

 

昔は、嫁入り道具としても家紋や名入れ{名前を刺繍したり、染めたりする)てこしらえたものでした。

いまでも、引き出物などに使っていただくことがよくございます。

 

また、記念品 例えば、卒業記念に大学、専門学校などに学校のオリジナルロゴを入れて

染めさせていただくことがあります。

記念品としては、出産祝いのお返し、退職祝いも多いです。記念に喜ばれます。一枚からでも心を込めておつくりいたします。

企業様や宣伝企画、広告企画会社さまからも創立記念、5周年記念、10周年記念、などの

プレゼントとしておつくりしています。

ぜひ、いろいろな世界で1つしかない京都で染める京風呂敷、オリジナル風呂敷はいかがでしょうか?

オンリーワンの風呂敷は大事に使っていただいています。

 

 

 

  • お見積り
  • お問合せ

風呂敷商品検索

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力